TEL 03-4405-9595 | 営業時間 10:00 ~ 18:00

WEBクローラーサービスお申込み

数千ページが最適化対象に!不可能だった全体分析を実現!

SEOコンサルタント E様

検索エンジン最適化はサイト全体+コンテンツ施策の時代に。既存サイトの分析はハードルが高い。

68b1535ea2bf2185acb7b7a82d58834e_sクライアントから依頼頂いたサイトのGoogleやYahooといった検索結果上での上位表示を目指す我々SEOコンサルタントの業界は非常に変化の激しいフィールドです。
最近のペンギンアップデートやパンダ・アップデートと言った検索エンジンの仕様変化により、施策対象ページのみにキーワードを盛る修正や外部のサイトから貼るリンクの物量等の小手先の施策が通用しにくくなっており、より良いコンテンツを全体に持つサイトが評価される時代に変化しています。
当然、我々の行う施策においてもサイト全体の構造としてコンテンツが適切に配置されているかということの重要性が大きくなり、そのためには、クライアント様のサイトの各ページにどのようなコンテンツが含まれているかを把握する必要があります。

クライアントサイトのページがすべてデータで管理されてあれば良いのですが、中にはHTMLで構築されていたり、CMS(コンテンツをデータとして管理する仕組み)で構築してあってもデータの提供が難しい場合もあり、
それを1ページ1ページ開き調査することになるのですが、数百、数千ページを持つような中規模以上のサイトになってくると工数が莫大となり無視出来ないものになってきます。
そのため、施策につきましても全ページではなく、全体からある程度の割合や、代表的なページを対象とするような妥協が発生しており、クライアントに対して完璧なサービスが提供できず、現場でも歯がゆい状況が続いていました。

俯瞰してみることでサイトが全体的に持つ問題を顕在化。

そこで、全ページを自動的に巡回・収集するWEBクローラを活用し、ページ巡回時に各ページのコンテンツや、タイトル・見出しタグ等のページの内容を示す重要な情報の収集を行いました。
収集したデータからURLやタイトル、特徴的なキーワードの一覧のCSVを作成されることで現在クライアントサイトにどのようなコンテンツが配置されているのか俯瞰で見ることができるようになり、コンテンツの戦略の立案に役立てることが出来ております。
また、これに併せて重複ページやリンク切れの存在を確認できるようになり、全体を見渡すことでこれまで見えていなかったサイトの持つ問題を顕在化することにもつながりました。

問題がみえることで対策が見えてくる。サイトをあるべき姿に導く。

サイトのページ収集に要していた工数を大幅に削減できたことで、我々は施策を検討する時間により多くの時間を割くことが出来ています。

クライアントサイトにおいて利用者に求められているコンテンツは何であるかということを考え、企画の立案に時間を集中することが出来るようになりました。サイト全体を分析し、不足していたコンテンツを補うことでロングテールでの流入が着実に伸び、サイト自体も全体的に評価を上げることに成功しております。
クライアントだけでなく、施策を行う側の我々も満足の行く施策を行うことが出来ております。

Comments are closed.